EventRegistのイチオシの機能をご紹介
高機能を使いこなせるように、イベレジスタッフが導入をサポート、
ワンランク上のイベントが実現します。

EventRegistプレミアム機能の中から、
BtoBイベントの運営に役立つ機能を個別にご紹介いたします。

機能のご説明

タイムテーブル

複数のセッションや分科会が同時並行で開催される大規模なカンファレンスでの、複数の会場や柔軟な時間帯の設定と、セッションごとの申込数管理が可能です。


ご利用シーン

  • 大規模なイベントで同時に複数トラックで分科会が開催される場合
  • セッションごとに定員を設け、申込み数を管理したい場合
  • 各セッションの入口で、事前申込状況に応じて入場管理を行いたい場合

機能の特徴

  • 登壇者情報やセッション概要を表示させることが可能
  • 参加者は、参加したいセッションを指定してイベントに申込むことが可能
  • セッションが定員に達したら、それ以上の申込みを制限
  • チケットの種類によって、選択できるセッションを制限することが可能

タイムテーブル機能を使ったデモページはこちら

問い合わせる

チェックインポイント

イベントレジストのチェックインアプリをご利用時に、イベント内のセッションや出展ブースなど、「イベントへの受付」以外のチェックイン履歴を残すことができる機能です。


ご利用シーン

  • 複数のセッション、分科会の聴講履歴を取得したい場合
  • 複数日に渡り開催されるイベントで「1日目」「2日目」と各日の受付履歴を残したい場合
  • 企業の出展ブースに立ち寄った参加者のデータを出展企業に納品したい場合
  • 購入したチケット毎に参加できる時間帯や、エリアに制限を設けたい場合

機能の特徴

  • タイムテーブル作成時に設定したセッションでチェックインポイントを作成可能
  • チェックインポイント名は任意で設定が可能
  • 各チェックインポイントに定員を設けることが可能
  • ポイント毎に入場/参加可能なチケットを設ける事が可能
問い合わせる

来場者トラッキング

受付以外のチェックイン履歴を参加者単位で記録することで、イベント内で参加者が会場内でどのように回遊したかをトラッキングすることが可能です。


ご利用シーン

  • 参加者のイベント会場での滞在時間を知りたい場合
  • 参加者が立ち寄ったブース、受講したセッションを把握したい場合
  • 複数日に渡り開催されるイベントで「1日目」「2日目」と各日の受付履歴を残したい場合

機能の特徴

  • 受付や各セッション会場入口等、QRコードを読み取った各ポイントでの読取時間を把握することが可能
  • Wi-Fiがないエリアでも入場履歴を記録することが可能

※オプションで、ビーコンを利用した非接触型のトラッキングも可能です

問い合わせる

来場通知メール

特定の参加者が来場し受付でチェックインをした時に、予め指定したメールアドレス宛にその方の来場を通知する機能です。


ご利用シーン

  • 営業担当者が、自身が招待したクライアントの来場をいち早く認識したい場合
  • VIPやアテンドが必要なお客様のケアを行いたい場合
  • 特定のゲストの居場所を、トランシーバーで共有して聞き漏らしたくない場合

機能の特徴

  • 特定の参加者を検索し、特定の通知先を設定することが可能
  • 通知先を複数設定することも可能
  • 複数件一括で設定を行うことも可能
  • セッションや分科会会場の入場の度に通知を設定することも可能
問い合わせる

抽選申込(事前審査)

申込者の事前審査を行い、来て欲しい方に参加いただけるイベントを実現する事が可能です。


ご利用シーン

  • 人気のイベント/セミナーで、募集枠に対して複数方のお申し込みが予想される場合
  • 先着順ではなく、申込時の入力情報を考慮して参加者を選抜したい場合
  • 競合やブラックリストを排除したい場合

機能の特徴

  • 申込時のデータを参照し、当選/落選者を選択することが可能
  • 当選者へは当選通知メールを、落選者へは落選通知メールを送信することが可能
  • 当選者にのみ、当選通知メールでPDFチケットを送付

※有料チケットの場合は、当選通知メールで決済のご案内をするため、応募者全員に予め決済をしていただく必要はありません。

問い合わせる

プロモーションコード発行

プロモーションコードを発行し、有料チケットの割引やシークレットチケット(※1)の販売を行うことができます。単純に「割引」をする機能としてのご利用にとどまらず、プロモーションとしてチケット販売強化施策としても活用が可能です。
※1 プロモーションコードを適用すると申し込みできる、非公開のチケット


ご利用シーン

  • SNSや特定のメディアをご覧いただいた方向けに特別価格を提供するキャンペーンを行う場合
  • 特定の方を無料でご招待したい場合
  • 登壇者やスポンサーに招待コードをお渡ししたい場合
  • プレスや関係者用に一般の方がお申し込みできないチケットを用意したい場合

機能の特徴

  • プロモーションコードは、任意の文字列/ランダム文字列/任意の文字列+ランダム、で発行が可能
  • 1回で使い切りのコード/何度でも何枚でも利用可能なコードなど、利用条件を設定することが可能
  • 有効期間を設定することが可能
問い合わせる

KAOPASS(カオパス)

イベント参加者が、事前に参加者情報と共に顔写真をアップロードしていただければ、イベント当日、予めアップロードされた写真とご本人の顔をNeoFace Cloud上で照合することで、チェックインが可能となります。


KAOPASS(カオパス)の使い方イメージ

イベント来場者受付のための先進的・革新的なソリューション

(注1):NEC、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで4回連続の第1位評価を獲得
http://jpn.nec.com/press/201703/20170316_01.html
なお、評価結果について米国政府が特定の製品を推奨するものではありません。

・NIST Face In Video Evaluation (FIVE) – 2017
Performance of Face Recognition on Non-Cooperative Subjects
http://nvlpubs.nist.gov/nistpubs/ir/2017/NIST.IR.8173.pdf

問い合わせる

MA連携

EventRegistをご利用いただいたイベントの参加者データを、自社でお使いのMAツールへ、容易に取り込むことができます。
Salesforce Pardotについては、事前に仕様確認が必要となります。
詳しくはお問い合わせ下さい。


連携済みMAツール

  • Adobe Inc.
    マルケト
  • Oracle Corporation
    エロクア
  • HubSpot, Inc.
    ハブスポット
問い合わせる